Quick WordPressって、めっちゃ簡単

こんにちは
toiee Lab 亀田です。

先日、マイナビというポータルサイトに掲載されたデータが非常に興味深かったです。それは、100万サイトを調べて「どうやって作られているか?」を解析した結果です。

結果は以下の通りです。なお、CMSとは「システム」のことです。CMSを使っていないとは、「HTMLファイルを使った、昔ながらの方法」という意味です。

  1. CMSを使っていない 39.5%
  2. WordPress 38.5%
  3. Shopify 2.9%
  4. Joomla 2.3%
  5. Drupal 1.5%
  6. Wix 1.5%
  7. Squarespace 1.4

詳しくは、以下をどうぞ。
https://news.mynavi.jp/article/20201002-1362496/

データを見てもらうとわかりますが、CMSのシェアは「圧倒的に、WordPress」です。なお、WordPressの次のShopifyは、「オンラインショッピングサイト」のためのものなので、WordPressと比較するよりは、WordPressのWooCommerceと比較すべきかもしれません(※ WooCommerceが1位で僅差で2番手がShopifyです)。

ただ興味深いのは、Wix は「Webサイト用」にもかかわらず、eコマース用のShopifyのシェアが上だということです。

残念ながら?Jimdooは圏外、見当たりません。

以上のことから言えるのは、WordPressは、

  • 制作代行依頼
  • 情報
  • 事例
  • 助けてくれる人

が、圧倒的に多いということです。何度も繰り返しますが、Webサイトを作るなら、WordPress一択で良いでしょう。

Webシステムマスターコースの狙い

以上のような考え、データから「Webシステム・マスターコース」では、WordPressの本質を知ること、さまざまなプラグインを知ること、さらに引越し、ドメイン、レンタルサーバーなどを詳しく理解することを行なっています。

あまり大々的に、誰も話しませんが、制作代行(あるいは、自分で作る)時に、「有料でさまざまな機能も一緒に設計されているテーマ」を買って、その使い方を理解して、作成するのが、賢い使い方です。

例えば、「ナレッジベース」「ヘルプサイト」を作るなら、KnowAllというテーマがあります。デザインは決まっています。自由度はありません。その代わり、綺麗ですし、余計な設定なしに、即使えます。

そして専用のプラグインによって、自動で目次が作られ、評価をもらえて、カテゴリが綺麗に作られ、アクセス解析もついていて・・・と至れり尽くせりです。

もし、クライアントに「ヘルプサイトを作って欲しい」と言われたら、

  1. KnowAll というテーマを買う(年間99$)
  2. ロゴ、テーマカラーを決定
  3. ざっくり使い方を理解する
  4. クライアントのコンテンツをどんどん入れる

これで、あっという間に納品できますし、満足してもらえます。

同様に「複数人でブログを作成し、無料会員を集めたい」と言われれば、Typerというテーマを買います。69$です。最初っから、必要なものがほとんどついています。会員登録、ログインなどが全部セットになっています。

つまり、「有料テーマは、なんでもできる!」というものではなく、「これのために設計されたもの」を購入して、作ってしまえばOKです。

このような能力を目指して、仕組みを色々と学ぶのがWebシステムマスターコースです。

ただ、このコースは「難しい」です。もちろん、難しい概念をわかりやすく説明していますが、それでも、高度です。

Webシステムマスターコースの人が、Quick WordPressコースを買う

実は、少なくない数のWebシステム・マスターコース購入者が、Quick WordPressコースを購入しています。そして、半分クレームのように、

「めっちゃ簡単です。そして、めちゃくちゃ丁寧です」 「これだったら、誰でも作れますよ」

と言ってくれます。

ちなみに「Webシステムマスターコースを返金してくれ」と言われたことはありません。なぜなら、趣旨が全然違うからです。

  • Webシス・マスターコースは「高度な能力をつける」
  • Quick WordPressは、「とにかく、ノウハウ(ちょこっと本質)」

で作っているからです。

とはいえ、流石に、Webシスで本質をわかっている人たちなので、普通の方に比べて、あっという間にサイトを立ち上げるし、出来上がりも綺麗です。

WordPressの一歩目にピッタリ

ところで、Webシス・マスターコースの方が、こんなことを言っていました。

「Webシス・マスターコースは、すごくいいんです。でも、Quick WordPressから入ることができたら、もっとスムーズに学べるように思います」 「実際、Quick WordPressで「サイトを作る楽しさ」に触れて、Webシスを再チャレンジする気持ちが湧きました」

つまり、WordPressを始める方に「ピッタリ」です。

最初の一歩だけど、かなり詳しい

とはいえ、最初の一歩だからといって、大したことができないわけではありません。

  • 高度なデザイン
  • Google Search Console
  • Google Analytics
  • 検索エンジン対策の方法
  • ショッピングサイト
  • ショッピングサイトのための高度なGoogle Analyticsの設定
  • 社内サイト、限定Podcastの配信方法

という具合に、かなりボリュームもあります。 これは、本当にお得だなと思っています。

なお、もう二度と、このような仕事はできない・・・(もう疲れました)とも思っています。今後は、入門を作ることはなく、「これはいい!」と思えたテーマに出会えば(Typerとか)、コースを作るかもしれません。

ということで、最初で最後の「入門コース」を是非、お試しください。 以上です。

ラーニングの研究、実践、ファシリテーター、デザイナー、ティール組織の実践、新しいことを学ぶのが大好き。家では良い3児のパパ(自己評価)、遊び相手、ご飯係を一手に引き受ける。そうそう、一応、博士号(情報学)持ってます。こんなのラベルだけどね。学歴、学校歴は賢さを表すものじゃないし、測れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。