1. Home
  2. WordPress入門
  3. SSL化が、うまくいかない原因と解決方法

SSL化が、うまくいかない原因と解決方法

今や、SSL化をしていないサイトは、「このサイトは安全ではありません」と、ブラウザのアドレスバーに表示されてしまいます。訪問者に無用な心配をさせることは、得策ではありません。

某大学(母校)の様子(2020年4月現在)。SSL化していないと、このような表示がでて無用な不安を与えてしまいます

必ず、SSLを行うようにしましょう。

一昔前は、高価で手が出なかったですが、今は無料でSSL化を行うことができます。レンタルサーバーのマニュアルを参考にすれば簡単だと思います。

もし、対応していないレンタルサーバーや、SSL化が難しいレンタルサーバーでしたら、レンタルサーバーを変えることも視野に入れるべきです(今後が思いやられます)。

ここでは、SSL化はやってみたけれど、「安全でない」と表示されてしまう原因と解決策を説明します。

ビデオ解説

原因

SSL化したものの画像、CSS、Javascriptなどが「非SSL通信」で呼び出されていると、安全でないと表示されます。

解決策

ページ内の非SSLのリソース(画像、CSS、Javascript)を見つけ出し、修正します。問題となるリソースを見つけるには、ブラウザの開発機能を使うと良いです。ネットワークなどの項目で、非SSL通信を探し出しましょう。

WordPressの場合

おそらくインストール時は、非SSL設定だったのでしょう。サーバーだけSSL化するだけでは不十分です。

  • WordPressのサイトURLなどを https://… に変更する
  • WordPress内の記事などのリソースの http:// を https:// に変更する

ことが必要です。

このような作業をシンプルに行うことができる Really Simple SSL というプラグインを使うと良いでしょう。インストールして、有効化するだけで解決します。


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。

更新日は、 2020年4月7日

この記事は役に立ちましたか?

関連記事

サポートが必要ですか?
もし「お探しの記事が見つからない」「記事を見ても問題が解決しない」場合は、こちらからご連絡ください。
問い合わせる