Woocommerce売り上げ明細の出し方。持続化給付金にも便利!

Woocommerceの売り上げの明細の出力は、Woocommerceプラグインではできません(2020年5月現在)。

「どの商品を」「誰が」「いつ」「いくらで」サービスを購入したかを知りたい場合は、「Advanced Order Export For Woocommerce 」プラグイン(無料)がオススメです。

この記事では、Advanced Order Export For Woocommerceプラグインの「ダウンロード方法」「売り上げの明細の出し方」についてお伝えします。

コロナで持続化給付金の申請を考えている方へ

「持続化給付金」は、ご存知ですか?感染症拡大により影響を受けている事業者(法人・個人)に対して、国から給付金が支給される制度です。

給付対象としては、ひと月の売上が「前年同月比」で50%以上減少している事業者であることが主な要件となるため、前年度と今年度の売上を対比するための資料が必要です。持続化給付申請について詳しくはこちら

この記事でお伝えする明細の出し方を利用すれば、前年度と今年度の売り上げを対比するための「月ごとの売り上げデータ」を取得できます。

ページ下部で、月ごとの明細の出し方についてもお伝えします。持続化給付金の申請を考えている方は、ご覧ください。

対象:

  • Woocommerceを使って販売をしてる方
  • 売り上げの明細を出して、販売の対策を打ちたい方
  • 「持続化給付金」の申請がしたいけど、月ごとの売り上げの明細の出し方が分からない方

売り上げ明細の出し方

1. 「Advanced Order Export For Woocommerce 」プラグインを入れる

ダッシュボードから「プラグイン」を選択し、「新規追加」をクリック。

左のメニューバーから「プラグイン」をクリックすると、新規追加が出てきます

プラグイン追加をクリックし、検索バーに「Advanced Order Export For WooCommerce」と入力する。

Advanced Order Export For WooCommerceが表示されるので、「今すぐインストール」をクリック。

「今すぐインストール」をクリックするとダウンロードが始まります

2. 売り上げ明細を出す

「Advanced Order Export For WooCommerce」をダウンロード&有効化すると、Woocommerceの機能一覧に「Export Orders」が追加されるので、「Export Orders」をクリック。

Export Orderから、Woocommerceの販売データの明細を取得できる

ここからは、取得したいデータに合わせて操作方法をお伝えします。


不具合のお知らせ

プラグインの不具合により、プラグイン起動時に、右側中央の「Products」タブに「×」が表示されている場合があります。(2020年5月現在)

その場合は、「×」をクリックし、削除を行ってください。削除せずに以下の操作を行うと、「Nothing to export. Please, adjust your filters」とエラーが出ます。削除してから、以下のステップに沿って作業を行ってください。

Nothing to export. Please, adjust your filtersとエラーがでる原因

月ごとのデータの出し方

月ごとの「購入者名」「購入日」「購入商品名」「購入個数「購入額」を、見ることができます。

ステップ:

01. 取得したい日程を設定する(例、2019年4月のデータが欲しい場合は、2019年04月1日〜2019年4月30日を選択)

02. 書き出したいデータの内容と、データの種類を選び、「Express export」をクリック


商品ごとのデータの出し方

指定した範囲の、商品ごとの「売り上げ個数」「売り上げ金額」が分かります。

ステップ:

01. 取得したい日程を設定する(例、2019年4月のデータが欲しい場合は、2019年04月1日〜2019年4月30日を選択)

02.「Summary Report by Products」をクリックし、書き出すデータの種類を選び、「Express export」をクリック


顧客ごとのデータの書き出し方

指定した範囲で商品を購入した顧客の「詳細なデータ(アドレス、住所、電話番号など)」「どの商品を購入したか」「支払い総額はいくらか」を出すことができます。

ステップ:

01. 取得したい日程を設定する(例、2019年4月のデータが欲しい場合は、2019年04月1日〜2019年4月30日を選択)

02.「Summary Report by Customers」をクリックし、書き出すデータの種類を選び、「Express export」をクリック

お気軽にご質問ください

記事に書いてある内容で分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。私たちのわかる範囲で、知識や方法をお伝えします。


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。

コメントする