「Webシステム」という新しい市場があります

こんにちは。
toiee Lab 亀田です。

今日は、前々から気になってた「新しい市場」について、お伝えします。

おそらくこの記事を読んでいる多くの人にも、チャンスがあると思っています。

もし、あなたが「なにかを作ること」が好きなら、向いている可能性が高いです。

では、早速。

「僕にプログラミングを教えてください!」

チームを離れた一人から言われました。

  • 「僕にプログラミングを教えてください!」
  • 「依頼はいくらでもあるんですが、能力がないんです」

同じように、Quick Homepage Maker から WordPressの移行を手伝ってくれた学生からも、

  • 「僕にプログラミングを教えてください」
  • 「アルバイトで得た技能で、給料の良いアルバイトができるようになったんですが、もっといい仕事があるんです。しかも、たくさん相談されるんです」
  • 「少しだけ、プログラミングできたら・・・」

どこかで聞いた話だな・・・と思っていたら、toiee Labメンバーの2人からも

  • 「プログラミングって難しいですか?」
  • 「実は・・・(プライベートで仕事を依頼されて)・・・」

最後は、現役のシステム会社のマネジャー(200社ぐらいのグループ企業がある組織の方)です。

  • 「わたしは、Cobol(昔よく使われていたプログラミング言語)をやってきました。もう何年もコードを書いていません。今から、プログラミングを学び直したりできるものでしょうか?」
  • 「なぜなら・・・・」

顧客のほうが進化している

どんな時代も、業界も同じです。

成熟した業界では、顧客のほうが「先」を行く ものです。

私の知り合いの経営者の多くが、「Web制作会社に不満」を漏らしています。

これ自体は、前から変わらないのですが、最近、「完成しなかった」という不満をいうようになりました。

詳しく聞いてみると、、、

彼らは「Webサイトを作ってもらったのに完成せず、逃げられた」というのですが、実際は「Webシステムを依頼したつもりなのに、Webサイト作成にすり替わって、ほしいものじゃないものが納品された」と言っていました。

実は今、個人事業主や、中小企業のオーナーの多くが Webサイトではなく、Webシステムを必要と認識が変わり始めて、「現場に不満を持つ」ようになっています。

Webシステムとは何か?

ビジネスオーナー(個人事業主、中小企業の経営者)で、普通の感覚がある人は、「日々、自分が触れる製品やサービスをヒントに、自社の製品、サービスの改善アイデア」を24時間考えています。

例えば、旅行先で「とても感動するような体験を受けた」ら、単にそのホテルのファンになるだけでなく、 「自分のビジネスに応用できないか?」 と考えるものです。

そんな彼らは、毎日のように「Webシステム(Webサイトやアプリ)」に触れています。

例えば、日経新聞に契約し、アプリをダウンロードし、ユーザーID、パスワードを入れる。すると、「会員限定(新聞を購読している人限定)」のコンテンツが見れるようになります。そして、アプリ内で「ブックマーク」をして、便利に使います。

あるいは、Amazonで買い物をしたら、注文履歴を確認し、到着を心待ちにしたり・・・などなど。

日々、生活を便利にしてくれる「Webサイト」を利用しています。しかし、これは、一昔前の「単なる情報があるだけのページ」ではありません。

ちょっとした機能があって、その機能がWebサイトを通じて利用できるものです。いうなれば、Webページ2.0です。

制作代行業社には作れないWebサイト2.0

Webサイトは、制作代行業社の得意分野です。

綺麗に写真を撮影し、ロゴを作り、レイアウトを整え、コピーを書く。この手のことは、大得意です。

しかし、かれらは「絵を描く人たち」であって、システムを作る人たちではありません。

システムを作る能力は有していません。

それにも関わらず、世のビジネスオーナーたちは、制作代行業社に「Webシステムを依頼」してしまいます。

制作代行業社は、その仕事を完成できません。もしかしたら、要求を履き違えて「ちゃんとWebサイトを作って」納品しているかもしれません。

そして、「あなたが要求したものを作っていますよ」とお金を請求しています。

本来、Webシステムを作れる会社は「システム会社」です。

システム会社に依頼すれば、ぱぱっと作ってくれますが、、、そうは行きません。

大手システム会社のマネジャーが見つけた市場

ところで、なぜ「システム会社」に頼まず、「Webサイト作成会社」に頼んでしまうのでしょうか?

そして、お互いに良い結果になりません。

ビジネスオーナー側から見て、「高い」からです。

一方、システム会社から見たら、「小規模すぎて、利益が出せないし、面倒な仕事」だからです。

システム会社が雇われるときは、「そこそこ規模の大きいシステム」を作るときです。

大手のキャンペーンのためのシステム(数十万人が登録するものなど)や、フランチャイズをいくつももつビジネスのバックエンド(事務作業などのこと)を支えるシステムなど。

システムの需要は、いくらでもありますし、大きな案件がたくさんあります。

それらの案件は、1つあたり「数ヶ月」に及ぶこともあります。予算も大きく、関わるプログラマ、デザイナーの数も多いです。

さらに「長期にわたって、保守管理する契約」も結べることも多いです。

そうなれば「小さな会社の小さなシステムの仕事」は、システム会社にとっては「割の合わない仕事」に見えます。

つまり、多くのビジネスオーナー欲しいものは、「クロネコヤマトの宅急便」で十分なのに、多くのシステム会社は「4tトラック専門」の〇〇運送工業みたいなものです。

そんなに大きなものは運ばないから、高すぎて頼めない存在です。

このような状況は、何年も前から予想していました。だからこそ「WordPressでシステムを作れるぞ」と啓蒙活動をしてきたつもりです。

自分にぴったりのプラグインを探して、使えるようになるワークショップなどを開催してきました。

しかし、ギャップがありました。

「ぴったりのプラグイン」なんてないのです。それぞれのビジネス毎に、欲しいものは違います。

多くの状況に対応できるプラグインは、その分「使い方が複雑」になります。

10色ボールペンよりも、シンプルに単色のボールペンの方が、書き心地は良いです。それと同じで、ビジネスオーナーが求めるものは「小さいけれど、自分にぴったり」です。

まとめると

  • 小さなシステム(Webサイト +アルファ程度)の需要がたくさんある
  • 製作代行業者は、技術がないので応えられない
  • システム会社は、仕事が小さすぎて応えられない
  • WordPressの高機能プラグインなどは、複雑すぎて自分では使えない

という状況です。

このようなギャップを「現場の最前線」で、見つけたシステム会社(グループ200社がある規模)のマネジャーも、見つけて「チャンスあり」と思い、私に相談をしてくれました。

マネジャーのビジョン

その方を仮にマネジャーの「Mさん」とします。

Mさんは、システム会社のマネジャーですから「大きい案件」を受注し、それらをマネジメントしています。

一方、Mさんは、プライベートでNPO、地域の活動に参加されていました。

Mさんがシステム会社のマネジャーだということで、NPOの方や、その友人でビジネスをされている方々から「こんなことをしたいんだけど、システムは作れるだろうか?そして費用は?」と尋ねられることが多々ありました。

そこで目にしたのが、上記のギャップです。

  • 要求はたくさんある、ただし小さい
  • システム会社では、応えられない(サイズが小さいから)

でも、大きな需要がある。なんとかして、ビジネス化できないだろうか?と考えておられました。

それと同時に、ご自身も含め「システム会社の管理職の人々」の将来について、心配をされていました。

  • 退職しても、まだまだ働き続けないといけない(年金の問題、長寿化)
  • 会社の管理・監督役の仕事は、潰しが利かない(退職後、不本意な仕事をするしかないし、それは安い)
  • 今の仕事、技能の延長、あるいは「シフト」で、仕事をできないだろうか?

そのようなことを考えておられました。

そんな時、私の「WordPressは、Webサイトを作るために使うんじゃなくて、Webシステムを作るために使える最高の道具だ」という話を聞き、ひらめいたそうです。

  • 「WordPressというエコシステム」を活用することで、引退したシニアエンジニア達の仕事が作れる
  • 小さな需要でも、十分に収益にできる(WordPressを使えば、工費が大幅に削れます)

そんなアイデアを、私に話しにきてくれました。もちろん、私も

  • 「それは、すごくいいビジョンだと思います」
  • 「直接、事業を立ち上げるなど、性急なことはできませんが、時々、情報交換しましょう」

といって、友達になりました。

(実は、このビジョンが実現することを、とてもワクワクしています。なぜなら、私の個人的なミッションは「自分は社会を変えられると信じさせるだけでなく、現実に社会を変えることを後押ししてくれた人として覚えられる」ことだからです)

プログラミングを書かなくても「Webシステム」は作れる

実は、プログラミングを書かなくても、クリックだけでWebシステムを作ることができ、お金をもらいながら、レベルアップしていくことが可能です。

長くなったので、次の記事で、詳細についてお伝えします。


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。