Local by Flywheel を社内(学内)のPCで使う人は注意が必要

社内(学内)LANでインターネット接続するために、プロキシーを設定する必要がある場合、Local by FlywheelのWordPress(仮想のドメイン)にアクセスできないことがあります。

社内(学内)LANや、会社(学校)支給のPCでLocal by FlywheelのWordPressに接続できない場合は、この記事を参考に、解決策を検討してください。

どのような現象なのか?

Local by Flywheelで、WordPressを立ち上げると、 xxx.local のようなドメインを割り当てます。これは、実在するドメインではなく、あなたのPCだけで有効なドメインです。

Local by Flywheelも起動しているのに、アクセスしたら「アクセスできません」のようなメッセージが表示されることがあります。例えば、以下のような画面です。

Squidというプロキシーサーバーが出すメッセージ

原因(裏側は、どうなっているのか?)

コンピューター同士は、IPアドレス(電話番号のようなもの)で通信しています。しかし、人間に取っては扱いづらいです。また、IPアドレスは通信のたびに変わることがあります。複数のサーバーで処理を分担している場合などです。そこで、 「ドメイン」が活躍します。

ポイントは、「ドメイン名」を使うが、実際の通信はIPアドレスということです。

そして、このIPアドレスを裏側(私たちが知らないうちに)で取得して、通信しています。

通常は、以下のように通信します。

  1. ブラウザのアドレスバーで、 xxx.local を入力する
  2. ブラウザは、hostsファイルをチェックして、 xxx.local を探す
  3. そこに記載されていれば、そのIPアドレスを使って通信する
  4. 無事、WordPressが表示される

Local by Flywheelが、WordPressを設置するたびに、管理者権限を要求するのは、この hosts ファイルに書き込むためです。

ところが、プロキシサーバーを導入していると、以下のようになります。

  1. ブラウザのアドレスバーで、 xxx.local を入力する
  2. ブラウザは、プロキシーサーバーに、 xxx.local の情報を要求する
  3. プロキシーは、 xxx.local を探すが見つからない
  4. プロキシーは「見つからない」とブラウザに返し、WordPressが表示されない

このような動きをします。つまり、hosts ファイルを見にいかないことで、WordPressが表示できません。

解決策

1. プロキシーサーバー(ネットワーク設定)を正しくしてもらう

最も良い解決策は、プロキシサーバーを適切に設定してもらうことです。例えば、開発に使うようなドメイン( xxx.dev、xxx.test、xxx.local など)は、プロキシサーバーが処理しないようにすることです。ネットワーク管理者に相談してください。(通常は、これぐらいの設定をしてくれているはずですので、正当な要求です)

2. 手動設定に切り替える

ブラウザのプロキシーサーバー設定を開いて、手動設定します。各ブラウザは「このドメインは、プロキシを使わない」と除外する設定があります。この除外設定に、 xxx.local を含めます。

ただし、この方法は難しいです。もしパソコンを外部に持ち出した場合は、設定を変更する必要があります。変更しないと、インターネットの接続できなくなります。

3. ブラウザを分ける

WordPressを学ぶように、普段使いとは別のブラウザを使います。そのブラウザでは、プロキシーを使わない設定にします。例えば、普段にGoogle Chromeを使っているのであれば、Firefox を使います。

Firefoxでプロキシを使わない設定をします。

Googleなどで「Firefox プロキシ設定」と検索することで、情報が見つかると思います。


1番の解決策は、「ネットワーク管理者に適切に設定してもらう」ことです。


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。

Local by Flywheel が最初の関門

オンラインコースを受講されている、みなさまへ

WordPressを仕組みから、しっかりと学び、「訳が分かって使えるようになる」には、練習環境が必須です。さくっとWordPressを立ち上げ、ごちゃごちゃ設定を変えたり、投稿したり、テーマをいじって・・・、ぐちゃぐちゃになったら「ポイ(捨てる)」できる状況が必要です。

そのような練習環境を、パソコン上に作るためのアプリが、「Local by Flywheel」です。

WordPressを学ぶ上で、最初の関門が「Local by Flywheelのインストール」です。ここにつまづいてしまうと、スキーを学ぼうとしているのに、スキー板が履けない・・・(ビンディングがあってない)みたいな状態です。

どうにもなりません。

この関門は、なんとしても乗り越えて欲しいと思います。

もし、インストールにつまづいている方がいれば「気軽に、サポート」にお問い合わせください。オンラインコース上で、いつでも、質問が可能です。

また、ご自身で解決をされる場合は、以下の記事をご利用ください

私たちが大切にしていること

ところで、多くの方の無意識のイメージとして

  • オンラインコースは、書籍、通信教材、DVDの置き換わり

と思われています。この無意識の前提で、オンラインコースに申し込んだ後は、一人で、独力で、黙々と、淡々と学ばなければならないと思われているようですが、私たちのコースでは違います

私たちは、

  • toiee Labのオンラインコースは、教室・自習室の置き換え

と考えています。

通常、何らかの教室(パソコン教室、ゴルフ教室、パッチワーク教室)に入会すれば、週に1回は教室(ゴルフ場)に通います。そこで自習練習をすることがあると思います。自習練習や作業をしている最中に、近くの先生に気軽に質問して、問題を解決したりします。

本物の教室なら、先生が近くにいて、呼び掛けたら即答えてくれますが、それに近い(タイムラグはあります)体験を、オンラインで提供することを大切にしています。

オンラインコースに設置された右下の「青い吹き出し」から、気軽に話しかけてください。例えば、こんな感じです。

「ここで説明されている内容が、3回見直したのですが、わからないです。このまま進んだら良いでしょうか?不安です」

あなた

私たち「はい、大丈夫。ほとんどの人は、次に進んでいるうちに解決してます!どんどん進んでもわからないときは、また相談してください!」

toiee Lab ファシリテーター

こうやって、アドバイス1つで前に進めたりします。

あるいは、「学ぶ喜び、学んだ発見、気づき」を私たちに伝えることにも使ってください。例えば、

ずっと混乱してたことが、「ああ!なるほど!」となりました。今回、すっきりしたのは「・・・・・」ということです。いやー楽しいです!!

あなた

こんな感じで、FacebookやTwitterで呟くように「成果報告」をしてください。ともに、学ぶ喜びをわかちあえることこそ、大切だと思っています。

私たちは、学習に関して「そもそも人の学習とは何か?どんなメカニズムなのか?」という根源的な部分から考え直し、教育に新しいアプローチをもたらすことに情熱を持っています。

しかし、それは単なる手段です。

最も大切にしていることは、「学ぶことは、人生そのもの」であって「何かを達成するための手段ではない」ということです。つまり「何かを学び始めたら、そのプロセスが既にワクワクして、楽しいものであるべきだ」と思っています。

私たちは、このような考えから、私たちのミッションステートメントは、「Enrich Lives, Learning Together」としています。

つまり「ともに学ぶことを通じて、人生を豊かにする」ことが、私たちの価値観、行動原理、存在目的です。

オンラインコースの先で、まず私たちと繋がり、さらに勉強会、ワークショップで他の受講者の方々と繋がり、やがては「オフラインで勉強会、お茶会」で、ともに学ぶ同志と繋がっていけるように、お手伝いしたいと思っています。

それでは、良い週末を!


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。