Zoomを使う人は、セキュリティ設定を行おう

現在、リモートワークが進んでいます。その中で、利用が多いのが「zoom.us」です。ただし、以下の記事にあるように、セキュリティに若干の不安があるようです。

特に、「ミーティング・トロール」という、適当にzoomのURLを打ち込んで、その会議に割り込み、嫌がらせ(画面共有を撮影したり、卑猥な画像を表示したり・・・何をしたいのか意味不明ですが)があるようです。

会議の資料などが写っているところを、全くの知らない人に見られるのは気持ちが悪いものです。

最低限のセキュリティ設定をすることをお勧めします。

設定方法

ホストは、zoom.us にログインし、設定を開きます。


次に、以下のようにミーティングにパスワードを必須とします。なお、「ワンクリックで参加できるように、ミーティングリンクにパスワードを埋め込みます。」にチェックを入れておくと、招待方法などは今まで通りで簡単です。

さらに、暗号化も行うようにチェックしておくと良いでしょう。

とても簡単なので、実行するようにしましょう。


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。

Comments

  1. Pingback: zoom アカウント-無料と有料の違い – Webシステム・デザイナー

コメントする