Local by Flywheel でのSSL設定方法

Local by Flywheel でのSSL(暗号化通信)設定方法を説明します。

管理画面の「SSL」をクリックします。

緑色の「TRUST」をクリックします。

「TRUSTED」になれば、設定完了です。

WordPressの管理画面ー設定で、アドレスを「https://〜〜」に変更します。

サイトを表示させて、URLアドレスを確認すると
「https://〜〜」になっています。

ローカル環境で作った後に、本番サイトへ引っ越す場合には、なるべく同じ環境で作っておいた方がいいので、ローカルの段階でSSLを有効化しておく方が良いでしょう。

🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。

コメントする