Local by Flywheel を社内(学内)のPCで使う人は注意が必要

社内(学内)LANでインターネット接続するために、プロキシーを設定する必要がある場合、Local by FlywheelのWordPress(仮想のドメイン)にアクセスできないことがあります。

社内(学内)LANや、会社(学校)支給のPCでLocal by FlywheelのWordPressに接続できない場合は、この記事を参考に、解決策を検討してください。

どのような現象なのか?

Local by Flywheelで、WordPressを立ち上げると、 xxx.local のようなドメインを割り当てます。これは、実在するドメインではなく、あなたのPCだけで有効なドメインです。

Local by Flywheelも起動しているのに、アクセスしたら「アクセスできません」のようなメッセージが表示されることがあります。例えば、以下のような画面です。

Squidというプロキシーサーバーが出すメッセージ

原因(裏側は、どうなっているのか?)

コンピューター同士は、IPアドレス(電話番号のようなもの)で通信しています。しかし、人間に取っては扱いづらいです。また、IPアドレスは通信のたびに変わることがあります。複数のサーバーで処理を分担している場合などです。そこで、 「ドメイン」が活躍します。

ポイントは、「ドメイン名」を使うが、実際の通信はIPアドレスということです。

そして、このIPアドレスを裏側(私たちが知らないうちに)で取得して、通信しています。

通常は、以下のように通信します。

  1. ブラウザのアドレスバーで、 xxx.local を入力する
  2. ブラウザは、hostsファイルをチェックして、 xxx.local を探す
  3. そこに記載されていれば、そのIPアドレスを使って通信する
  4. 無事、WordPressが表示される

Local by Flywheelが、WordPressを設置するたびに、管理者権限を要求するのは、この hosts ファイルに書き込むためです。

ところが、プロキシサーバーを導入していると、以下のようになります。

  1. ブラウザのアドレスバーで、 xxx.local を入力する
  2. ブラウザは、プロキシーサーバーに、 xxx.local の情報を要求する
  3. プロキシーは、 xxx.local を探すが見つからない
  4. プロキシーは「見つからない」とブラウザに返し、WordPressが表示されない

このような動きをします。つまり、hosts ファイルを見にいかないことで、WordPressが表示できません。

解決策

1. プロキシーサーバー(ネットワーク設定)を正しくしてもらう

最も良い解決策は、プロキシサーバーを適切に設定してもらうことです。例えば、開発に使うようなドメイン( xxx.dev、xxx.test、xxx.local など)は、プロキシサーバーが処理しないようにすることです。ネットワーク管理者に相談してください。(通常は、これぐらいの設定をしてくれているはずですので、正当な要求です)

2. 手動設定に切り替える

ブラウザのプロキシーサーバー設定を開いて、手動設定します。各ブラウザは「このドメインは、プロキシを使わない」と除外する設定があります。この除外設定に、 xxx.local を含めます。

ただし、この方法は難しいです。もしパソコンを外部に持ち出した場合は、設定を変更する必要があります。変更しないと、インターネットの接続できなくなります。

3. ブラウザを分ける

WordPressを学ぶように、普段使いとは別のブラウザを使います。そのブラウザでは、プロキシーを使わない設定にします。例えば、普段にGoogle Chromeを使っているのであれば、Firefox を使います。

Firefoxでプロキシを使わない設定をします。

Googleなどで「Firefox プロキシ設定」と検索することで、情報が見つかると思います。


1番の解決策は、「ネットワーク管理者に適切に設定してもらう」ことです。


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。

コメントする