1. Home
  2. WordPress入門
  3. テスト用WordPressを構築する(Localを使って)

テスト用WordPressを構築する(Localを使って)

WordPressのテーマやプラグインを試すには、投稿や固定ページを用意する必要があります。WooCommerce(ショップ機能)の見た目、できることをチェックするには、商品投稿が必要です。

これらを毎回、手作業で行うのは大変ですし、手間がかかります。

そのような場合、

  • テストデータを活用する
  • LocalのBlueprint機能を活用する

と良いです。

ビデオ解説

オンラインコースにて、詳しく説明しています。まずは、「Chapter11. テーマ分析内のテストデータ(1)(2)」をご覧ください。以下では、オンラインコースを見返さなくて済むように、補足を記載します。

オンラインコースにて説明しています。テストデータを作ろう(1) では、データのインポートを説明しています。テストデータ を作ろう(2)では、WooCommerce とBlueprint機能を説明しています

テストデータ

WordPressのテーマをテストするためのデータが配布されています。それらをダウンロードして、インポートします。

テストデータは、オンラインコースでダウンロードすることもできます。

ダウンロード先

テスト用データは、英語版と日本語版があります。それぞれは、以下のページです。Githubで公開されているので、緑のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

なお、テストの方法に従うと、テーマをチェックしやすいです。詳しくは、以下のページです。

インポート方法

管理画面 > ツール > インポートを開きます。WordPressのインポートツールを起動します。もし、インストールされていなければ、インストールします。インストール後、インポートが行えるようになります。

インポートをクリックして、ファイルを選択します。

インポートしたいデータを選んで、インポートします。

WooCommerceのテストデータ

WooCommerceプラグインをインストールすると、プラグイン内に配置されています。wp-content/pluguins/woocommerce/sample_data/ フォルダの中の xml ファイルを選択します。

Local の場合、起動中のWordPressを一覧から副クリックし、「Reveal in Finder」でフォルダを開きます。app/public が公開ディレクトリです。その中から、上記のフォルダを探してください。

レンタルサーバー上にWooCommerceを設置している場合は、WooCommerceを wordpress.org でダウンロードして、その中から取り出せば良いでしょう。

Blueprint (ブループリント)機能を使う

Local by Flywheel は、WordPressの雛形を作ることができます。これをblueprint機能と言います。Blueprint機能を使えば、新しいサイトを作るたびに「日本語化され、テストデータが入った状態」を再現することができます。

まずは、Blueprint(雛形)になるWordPressの状態にします。

  • 言語を日本語にする
  • 時差を調整する
  • WP Multibyte Patchプラグインをインストールする
  • WooCommerceをインストールする
  • パーマリンク設定を行う
  • その他、お好きに

その状態で、WordPressを一覧から右クリックして、「Save as blueprint」を行います。次回から作成時には、blueprintから作成すると良いです。


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。

更新日は、 2020年4月7日

この記事は役に立ちましたか?

関連記事

サポートが必要ですか?
もし「お探しの記事が見つからない」「記事を見ても問題が解決しない」場合は、こちらからご連絡ください。
問い合わせる