あなたのビジネスの強みを知るためのフォームを作る

どんなビジネスでも、あるいは個人でも「自分の強み」を知って、それを伸ばし、卓越することが、最も簡単で効果的です。P.F.ドラッカーも「強みを明らかにし、強みを伸ばすことに集中すれば、凡人の努力で卓越することができる」と述べています。

ここでは、あなたのビジネスの強みを知るためのアンケートフォーム項目を紹介します。

とてもシンプルな内容なので、ご自身でアレンジしてお使いください。ただし、項目を増やせば、増やすほど、フォームの回答率が下がるため、注意が必要です。

尋ねる内容

  • お名前
  • メールアドレス
  • おすすめ度
  • なんのために購入しようと思ったのか?
  • ライバルは、どこだったか?
  • なぜ、ライバルではなく、私たちを選んだのか?
  • その他、自由記述

お名前、メールアドレスについて

ビジネスは「顧客」について深く知ることが、すべての起点です。次に続く質問の回答だけでなく、直接連絡をとって、電話をしたり、テレビ会議を通じて、より深くインタビューすることが大切です。

後ほど、詳しく連絡するためにも「お名前」と「メールアドレス」をもらうようにします。

おすすめ度

まず、顧客がどのような人なのか?を知ることが必要です。具体的には、

  • 間違った顧客
  • 批判者
  • 中立
  • 満足
  • ファン

それぞれの顧客の状況と合わせて、アンケート内容を解釈する必要があります。そこで最初に問うべきは、顧客の満足度です。以下のような質問がよく使われます。

  • あなたは、友人・知人・家族に・・・・・を紹介しようと思いますか?
    0 – 10(10が最高点)で教えてください

9, 10 はとても満足している人たちです。この方々を優遇すること、もっと内部の情報を与えて、繋がりを作ることが大切です。7,8 は満足しています。4, 5, 6 は中立です。0, 1 は間違った顧客の可能性があります。個別に対応しておくべきです。2, 3 はなんらかの不満があるため、問題を特定するために個別に質問すると良いです。

なんのために購入しようと思ったのか?

あなたの商品を購入した目的を知ることが大切です。これは、ジョブと呼ばれたりします。詳しくは、ジョブ理論などと検索してもてください。たくさんの情報が見つかります。

聞き方は、「なぜ、あなたは【あなたの商品】を購入したのですか?」だけでなく、「どのような問題を解決するために【・・・・】を購入したのですか?」など、あなたの商品、サービスに合わせてカスタマイズしてください。

  • どのような目的で、購入されたのでしょうか?
  • そのようなことに使うために、購入されたのでしょうか?
  • どのような期待をして、購入されたのでしょうか?

など、商品・サービスを購入し、何を実現したかったのか?を聞き出す質問をすることが大切です。

この質問を通じて、「顧客が実際に購入しているもの」が分かります。

ライバルを尋ねる

次に、あなたのライバルを尋ねると良いです。どのようなところと比較、検討されたのか?有名な話ですが、GMのキャデラックが成功したのは、ライバルを「車ではなく、ミンクのコート」としたことです。

つまり、あなたが考える、あなたのライバルではなく、顧客の目から見た「ライバル」を知ることで、あなたのビジネスの本質が見えてきます。

  • 我が社の・・・と比較して悩んだ商品や、サービスは何ですか?

のような質問をすると良いかもしれません。工夫してください。

選んだ理由を具体的に聞く

ライバルがはっきりしたら、「なぜ、他社ではなく自分たちを選んでくれたか?」を聞きます。ここが差別化のポイントであり、独自性であり、強みになります。

  • なぜ、上記のライバル・競合他社ではなく、私たちを選んでくれたのでしょうか?

このような質問をすることによって、具体的で的確な回答を得やすくなります。人は、相対で物事を考えますので、このような質問が効果的です。

自由記述

自由に記述してもらうことで、様々な情報を引出します。


完成イメージ


オンラインコース

オンラインコースの「役立つフォームを作って学ぶ」で、動画解説をご覧いただけます。

レッスンのタイトル名で検索を使って「役立つ」などで検索すると、素早くアクセスできます

🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。

ラーニングの研究、実践、ファシリテーター、デザイナー、ティール組織の実践、新しいことを学ぶのが大好き。家では良い3児のパパ(自己評価)、遊び相手、ご飯係を一手に引き受ける。そうそう、一応、博士号(情報学)持ってます。こんなのラベルだけどね。学歴、学校歴は賢さを表すものじゃないし、測れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。