「Chapter2. なぜ、WordPressから学ぶのか?」に教材を追加しました

ノンプロ・ビズシスのコースの「2. なぜ、WordPressから学ぶのか?」に教材を追加しました。

今回の追加教材では、改めて「WordPressを学ぶ意味」「WordPressを使ってビジネスシステムを作れるようになることで、手にするチャンス」について収録しました。

具体的には、

  • WordPressを使って、ビズネスシステムを作ることが、どのようなビジネスチャンスを生むのか
  • 「無消費」という市場のチャンスについて
  • ビジネスシステムには、なぜWordPressが必要なのか
  • なぜWordPressは、学びはじめにふさわしいのか

などについて、じっくりと解説しています。

この追加コンテンツを見ることで、

  • 学ぶ意欲が湧いたり、
  • 目標が明確になる

と思います。

ぜひ、ご覧ください。

なお、今回の収録したコンテンツは、「2. なぜ、WordPressから学ぶのか?」内に追加してあります。

追加分のタイトルは、

  • 【議論】認識の変化
  • 【議論】変化 = チャンス
  • 【議論】無消費
  • 【議論】WordPressから学ぶこと

です。


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。

プライバシー・ポリシーページについて

欧州の個人情報保護法などの影響から、WordPressで「プライバシーポリシー」ページを作成し、設定する機能が盛り込まれました。これらの利用方法を説明します。

全体像

  1. 下書きのプライバシーポリシーページを完成させ、公開する
  2. 管理画面 > 設定 > プライバシーにて、設定する
  3. フッターなど、どのページでも表示される場所にリンクを用意する

プライバシー・ポリシーとは?

日本でも、個人情報保護法があります。集めた個人に関する情報を適切に管理する、あるいは集めるときに、使用目的などの了解を相手から得ることが必要です。

個人情報に関するスタンス、姿勢、ルールをポリシーと言います。

Webサイトを作るときは、プライバシーポリシーを記載することが必要です。また集める情報、その情報の利用目的に沿ったポリシーを記載することが必要です。

どのようなものが良いかは、サンプルがたくさんあるので、インターネットで探しましょう。コピペする前に、内容を一読しておくと良いです。あなたの目的に、あっているかをチェックしてください。

なお、読んでもわからないようなものは、採用しないことです。あなたのサイトにおとづれた人も同じ目に会います。ご自身が読んで、理解できる文章を選ぶのが良いです。

また、ある程度の規模の会社であれば、顧問弁護士などに依頼して、チェックしてもらうと良いでしょう。

設定方法

Step1. 下書きを編集する

管理画面 > 固定ページ の一覧から、「下書き状態」のプライバシーポリシーを探します。プライバシーポリシーを完成させます。

プライバシーポリシーページの下書きの様子。WordPress
プライバシーポリシーページの下書きの様子

Step2. 公開する

プライバシーポリシーページを公開します。スラッグなどを確認してください。

Step3. プライバシーを設定する

管理画面 > 設定 > プライバシーを開きます。プライバシーポリシーのページを設定します。既に設定されているもので問題がなければ、そのままで構いません。

プライバシーポリシーのページを選んで、「このページを使う」をクリックする
プライバシーポリシーのページを選んで、「このページを使う」をクリックする

Step4. フッターなどに記載する

外観 > カスタマイズ > フッターなどを利用して、フッターにリンクを貼り付けます。テーマによって、やり方が違うと思います。

トラブルについて

管理画面 > 設定 > 表示設定にて、以下のようなエラーが出たと、問い合わせをいただいたことがあります。

投稿ページとは、ブログ一覧のことです

エラーメッセージの通りですが、おそらく「ブログ一覧」という名前の固定ページを、プライバシーページに設定していると思われます。

管理画面 > プライバシー にて、別のページ(プライバシーページとして作った固定ページ)を設定してから、再度、投稿ページ(ブログ一覧を表示する)を設定してください。


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。

Chapter12. シンプルに作るを追加しました

ノンプロ・ビズシスのコースに「シンプルにコンテンツを作ること」について追加しました。

Webサイトを素早く、きれいに、SEO対策、ユーザーに伝わりやすく作るには「シンプル」が大切です。シンプルを実現するには、まずは「減らすこと」です。アメリカでは、「こんまり」こと、片付けの魔法が流行っています。減らすということは、良い状態を作る第一歩です。

P.F.ドラッカーは、「何かを始める前に、何かをやめよ」と行っています。あるいは、リーダーに「新しい何かを始めること、新しい知識を獲得させるよりも、まず不要になったものを、不要なものを捨てさせることを教えるべきだ」という趣旨のことを言っています。

つまり、「Less is more – ミースファンデルローエ」です。

今回は、Less is more ということで「シンプルに作るための例」を示しながら、驚くほど少ない装飾で良いことを説明しています。

是非、どうぞ!


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。

教材のダウンロードを追加しました

ダウンロード・レッスンにて、ダウンロードできます

「通勤、通学、運転中、に、オンラインコースを予習、復習したい」
「そのために、ビデオをダウンロードしたい」

というお問い合わせに応えて、ダウンロードをご用意しました。順次、各チャプターに「ダウンロード」レッスンを用意いたします。

完了ボタンを活用してください

ビデオをダウンロードして学んだ場合、オンラインのコースは、復習として閲覧してください。そして、内容がわかっている!と思えば「完了ボタン」を押してください。

そうすることで、レッスンの進捗がよくわかると思います。

ダウンロードして利用する場合

ダウンロードしたビデオを利用するには、なんらかのアプリが必要です。ファイル管理アプリを使うと便利かもしれません。例えば、以下をお試しください。


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。

オンラインワークショップ(zoom.us)の参加方法

ここでは、主に「zoom.us(ズーム)」アプリの使い方を説明しています。

オンライン・ワークショップなら、自宅から、職場から移動時間を気にせず、世界中から参加し学ぶことができます。ひとりで独学すると挫折しやすいですが、ワークショップで「チーム学習」すれば、楽しく、一気に学べます

以下で、オンライン・ワークショップの参加方法を説明します。

オンラインワークショップとは?

講義は一方的に話を聞きます。従来の教育のイメージそのままです。生徒は主にインプット、机に正しく着席し、ノートを取ることが主な活動です。

一方で、ワークショップの主な活動は、「行動すること、アウトプットすること」です。ワークショップでは、議論したり、実際に何かを作ったり、仮説検証したり、実験を行います。

ワークショップは「ハンズオン」とも呼ばれます。「Hands(手) On(接触する)」ということから、美術館や博物館で手に触れて学ぶことをハンズオンと呼んでいます。

toiee Lab ではラーニングの理論、ラーニングファシリテーション、ラーニングデザインの知識を生かして、オフラインの「ワークショップ」や「ハンズオン」を数多く開催してきました。

それらの経験を活用し、オンラインでも積極的に実施しています。それが「オンライン・ワークショップ」です。特徴は、「教師ではなくファシリテーター」「探求」「振り返り」「メタ認知」「チーム学習」です。

一人で学べないものも、即席チームで「ワイワイ、盛り上がりながら探求する」ことで、楽しく、早く、深く学べます

toiee Labのオンライン・ワークショップでは、zoom.us というアプリを積極的に使っています。これらは、海外の有名大学や大企業のオンライン会議、セミナーでも活用されているアプリです。

慣れれば、使い方もシンプルで簡単です。

以下、zoom.us (あるいは準じるアプリ)を使うための準備や、アプリのインストール、使い方を説明します。

動画解説と画像解説の2つを準備しました。

お好きな方をご覧ください。

Zoom(参加者用)動画解説

参加に必要な機材

以下のようなものが必要です。

  • マイク(イヤホン、ヘッドフォンがあると便利です)
  • ビデオカメラ(ウェブカメラ)
  • パソコン(あるいは、タブレット)

(1) パソコンに搭載されているものを使う

最近のノートパソコンや、Macシリーズ(MacBook、MacBook Air、MacBook Proなど)を使えば必要な機材が全て揃います

特に、Macシリーズは、ビデオカメラの性能、マイクのノイズキャンセリング機能などが優れているので、すぐにオンラインワークショップに参加できます。

(2) スマホ用のワイヤレスイヤホンを使う

最近のスマホ用のマイク機能搭載のBluetoothイヤフォンがおすすめです。スマホ用のイヤフォンを活用することで、「普段使い」もできる上、オンラインワークショップでは、良い音質で聞き、話すことができます。お勧めは、以下です。

(3) Webカムを購入する

ビデオカメラがない場合は、外付けのものを購入すると良いです。安価なもので十分です。例えば、 「ロジクールの安価なもの」で十分です。高性能なものを使うと、処理するためにパソコンの動作が遅くなることもあります。

参加方法

(1) 申込

オンラインワークショップに申し込みをします。Peatixや、専用フォームなどで募集されますので、それぞれでお申し込みください。

(2) zoom.us のURLを取得

オンラインワークショップに参加するには、事前にzoomアプリをインストールし、専用のURLをクリックします。zoomのリンクは、以下のような形式です。

  • https://zoom.us/j/XXXXXXX (XXXXXは数字)

(3) 開催時間になったらURLをクリック

開催時間になりましたら、zoomのためのURLをクリックしてください。URLをクリックすると、「アプリを開きますか?」と許可を求められます。許可をして、zoomアプリを起動し、参加します。

なお、なるべく「騒がしくない環境」で、ご参加ください。もし、騒がしい環境の場合は、ご自身が話すとき以外は「ミュート(マイクをオフ)」して、ご参加ください。

zoom.us のインストール、セットアップ

(1) 機材の準備

オンラインワークショップに参加するには、マイクとWebカメラが必要です。ノートパソコン備え付けがあれば、それをご利用ください。また、Webカメラがない場合は、家電量販店などで安価なものをご購入ください。

マイクがついてないPCの場合は、ヘッドセットや、スマホ用のイヤフォン(マイクと、イヤフォン機能がついているもの)がお勧めです。

(2) ZOOMのインストール

以下のページからダウンロードし、インストールしてください。

https://zoom.us/download

ダウンロードし、インストールしてください

ダウンロードされたファイルをダブルクリックすると、アプリのインストールが始まります。

ダウンロードが完了後、サインイン画面が表示されたら、インストールが完了です。今後とも、よく使うようでしたら「アカウント作成」をしておくと便利です。

(3) ZOOMのテスト

テストページにて、zoom をテストします。以下のページにアクセスし、「参加」ボタンを押してください。自動的に「zoomを起動しますか?」と案内が出ます。許可をすることで、あなただけの会議に参加します(知らない人と出会うことはありません)

https://zoom.us/test

参加をクリックします
許可をクリックします

誰もいないズームで

  • ミーティングの音は聞こえるか?
  • マイクは有効か?
  • ビデオは見れるか?

をテストします。

話すとマイクのボリュームが上下していたら、マイクが有効です
マイクの横の山形のアイコンをクリックすると、マイクやスピーカーを選べます。スピーカー & マイクのテストを実行してください。

zoom.us の使い方

オンラインワークショップ中に、zoom の使い方で不安がある場合は、遠慮なくご質問ください。

また、zoomを使ったことがない場合は、参加前にお知らせいただければ、ワークショップ15min前に練習する機会を作ります。

(1) ミーティングの参加方法

https://zoom.us/j/xxxxx のURLをクリックし、zoomアプリを起動して参加します。

(2) 音声、ビデオの「オン」「オフ」

画面左下のマイクアイコン、ビデオアイコンを「クリック」することで、On、Off を切り替えられます。周りが騒がしい場合や、一時的にビデオをオフにしたいときにクリックします。

(3) 画面の共有

ワークショップ中にご自身のPC画面を共有するときに使います。

(4) チャットを行う

音声が使えない場合や、その他、進行中に伝えたいことがある場合、チャットが有効です。チャットアイコンをクリックして、現れたウィンドウに記入し送信してください。(改行は使えません)

(5) ブレイクアウトルーム

人数が多いオンラインワークショップの場合、途中で「小さなルーム」に分割することがあります。その場合、画面の指示にしたがって別のルームへ移動してください。小さなルームでも、同じようにミーティングができます。

表示されるメッセージに従って、サブルームに参加します

(6) 退出する

退出するには、右下の赤い文字をクリックします。


🚩お知らせ

Zoomマスターコースでは、オンライン授業・オンラインワークショップの開催に必要な知識をすべてお伝えしています。

なお、巷では、「Zoomはセキュリティーに問題がある」と騒がれていますが、正しい知識、仕組み、対策が分かれば、安全に使っていただけます。(難しいものではありません)オンラインコースでは、Zoomのセキュリティ対策についても、しっかりとお伝えします。

現在、「Zoomの初期設定から、セキュリティ対策、開催方法まで」を無料公開しています。オンライン授業を開催予定の方は、ぜひ、ご覧ください。

会員限定コンテンツについて

このサイトでは、online.toiee.jp の「ノンプログラミングWebシステムコース」を受講している方専用の会員限定コンテンツ(ビデオや、ダウンロードなど)が含まれています。

コースを受講されている方は、お手数をおかけしますが「会員登録」をお願いいたします。

登録手順

オンラインコースの中で「サポートページについて」にて、

  • 「登録用ページ」
  • 「登録用パスワード」

をご案内しております。

登録方法の動画も用意していますので、そちらからご登録ください。

登録が終了すれば、いつでも「ログインすれば、限定コンテンツ」をご覧いただけます。

本サイト(wiki.toiee.jp)で作成したアカウントは、online.toiee.jp とは別になります。パスワードなどは、パスワード管理アプリなどに記憶させてく管理してください。


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。

企業が絶対に欲しい人材になるコース

こんにちは
toiee Lab 亀田です。

今日は、コースの内容について、しっかりとお伝えしたいと思います。

ゴールは「キャリアチェンジ」

今回のコースは、今までにないゴール設定です。具体的、現実に即したものです。

就職、あるいは転職する人は、まずは面接に進むための書類審査のために「履歴書」を書くでしょう。その場所には、自信を持って以下のように書いてもらいたいと思っています。

  • WordPressに「精通」しています
  • 一通りのことができます
  • 作品集はこちら (あなたのページのURL)

この時点で、一般的な職業訓練所やパソコン教室のような場所で学んだ人とは一線を画すと思います。多くの人は、「仕組みや構造がわからない」まま、何となく触って使えるレベルです。それに対して、このコース修了者は、

  • WordPressの仕組み
  • インターネットの仕組み
  • CDN(高速化のための仕組み)
  • 独自SSLの実現方法
  • 様々なプラグインをすぐに理解できる知識
  • 様々なテーマを自由に選んで使える知識

を身につけていることになります。

WordPressだけでは、物足りない

しかし、この1つだけでなく、もっと「相手の興味をそそる」3つのことも、書き加えてもらいたいと考えています。

  • ビジュアルデザインができます
  • 様々なWebサービスを知っています
  • Webマーケティングを理解し、実現できる技術を持っています

ビジュアルデザインとは、「視覚的に見せるデザイン」のことです。

WordPressの通常のテーマではなく、Page Builder (ページビルダー)と呼ばれるプラグインやテーマを使って、「視覚に訴えるWebサイト」を構築できる能力を身につけてもらいます。

また、Mailerlite(メール配信)、Google Analytics、Google Search Console、Zapier、Stripe、PayPal、Airリザーブなどの知識も手に入れてもらいます。

余裕があれば、Jimdo、Wix、Squarespace なども触ってもらおうと考えています。

さらに「ビジネスに、どうやってWebを活用するか?」を学び、Webビジネスのパターンを学び、アイデアを考え出せるようになってもらいます。

そんなに学べるわけがない?

こんなたくさんのことを学べるわけがない・・・と思うかもしれませんが、大丈夫です。

多くの人は、2つの勘違いをしています。

一つ目は「たくさんの知識」が必要だと思っていることです。本質をしっかりと学べば、たくさんの知識は単なるバリエーション(形が違うだけ)になります。本質は多くありません。集中すれば短時間で学べます。

二つ目は「たくさん覚えなければならない」と思っていることです。先の本質につながりますが、「究極の鍛錬」と呼ばれる、能力を伸ばすシンプルだが、何度も、何度も繰り返す度に難易度が上がる「ワーク」があります。ある種の「ワーク」を繰り返すことで、ぐいぐいと能力を伸ばすことができます。

つまり、

  • 「本質的な知識」 x 「究極の鍛錬」

これによって、短い時間でもしっかりと学べます。さらに、自分で究極の鍛錬を続けていけば、かなり遠くまで自力で学んでいけます。

「ビジュアルデザイン」なら、どうなるか?

まず、本質的な知識ですが4つほどで良いと思います。

  • デザインの4原則
  • レスポンシブ・デザインの5原則
  • 配色の基本概念
  • デザインの学び方を学ぶ

以上を、具体的な例を通じて把握します。その後は、「究極の鍛錬」を行います。いくつかあるのですが、例えば以下のようになります。

  • スクラップ作成 → 分類 → 言語化 → 製作して検証
  • ずらしデザイン → 評価 → さらにズラす → 評価・・・の後、デザインの肝の言語化

これらは、シンプルですが、題材を変えて何度も行うだけで、レベルアップしていきます。

さらに、繰り返す度に、前よりも「難しいワーク」に変わってしまいます。

他にもあるのですが、詳しくはコースで説明します。

なお、これらのワークは私が考案したものではありません。学術の世界、専門分野の世界で経験的に行われているものです。

それらを「学習理論の観点から分析して、設計し直した」だけです。

つまり、専門学校や、大学や、その道のプロがやってきたことです。既に効果が実証済みのものと言えます。

「雇われる」のではなく、「お願いされる」人になる

以上のように

  • 「本質的な知識」を、「究極の鍛錬で身につける」

ことができているため、自信を持って履歴書に

  • WordPressに精通しています
  • ビジュアルデザインできます
  • 様々なWebサービスに通じています
  • Webマーケティングを形にできます
  • 詳しくは、こちらをどうぞ (あなたのページのURL)

と書いて良いのです。

ここまで書いた時点で、面接には確実に進めるでしょう。
面接に進むとおそらくは、「無難な履歴書」を書いた優等生が残っているはずです。

あなたは、期待と好奇心と猜疑心を持って、面接官に質問されると思います。

  • 「この経歴について、説明してもらえますか?」

と聞かれたら、あなたは、満を辞して

  • 「御社のビジネスや、Webサイトを拝見しました。どのような取り組みをされているか分かりませんが、まずはアクセス解析で、こうやって、ああやって、・・・さらには無料オファーをいくつか考えてみて、A/Bテストしてみると良いかもしれません」
  • 「さらに、特定の商品に関しては、全く違うデザイン、ビジュアルデザインされたランディングページにすると良いかもしれません」

などと、ビジネスプランを説明します。

そうすれば、普通の企業なら「なるほど、是非、取り組んでもらえますか?」と立場が逆転しているかもしれません。

こんな未来を実現することを目標に、カリキュラムを作りました。

コンサル経験を、コースに反映させます

現在、私はビジネスコンサルティングを行っています。

  • 「何でも質問してください」

と伝えた結果、本当に何でも質問されます。

自分の人生をどう進めていくか、どうキャリアを形成するか?から始まり、ビジネスプラン、マーケティングプランを立てることを手伝っています。

そして、プランがたったら、今度は実現のために「Webサイトをどうするか?」「メール配信をどうするか?」の相談に乗り、Webサイトを立ち上げることまでやっています。

さらにアクセス解析を導入し、WooCommerce(ショッピングカート)を導入することを手伝っています。

さらには、一部の人には「経営」や「チームづくりのための方法」までコンサルティングしています。

私のコンサルティングの特徴は、ワンストップです。

「ビジネスプラン」から「稼働しているWebサイト、システム」までを手掛けています。その知識をコースに注ぎ込みます。

コース修了を強力に後押しします

なお、「本質的な知識」と「究極の鍛錬」を知っても、実行しなければ意味がありません。

実行するときに、混乱して時間を無駄にして嫌になってしまう人もいるかもしれません。

また、必要なソフトウェアのインストールでつまずく人もいるかもしれませんし、とにかく「正解がわからないから、不安」ということで、行動できない人がいるかもしれません。

そこで、コース参加者の方は、「究極の鍛錬」を実行する

  • 勉強会
  • ワークショップ

にお誘いします。1回目は無料で参加できるようにご案内します(その後は、3,000円程度。オフラインなら、場所代などが追加になります)。

勉強会、ワークショップで知り合った人と友達になって、各人で「勉強会」を開くのも良いと思います。

そうやって、友達を作りながら、「楽しく、究極の鍛錬」ができる環境も作っていきます。

私も、とても楽しみにしています。

🚩コースを無料公開中

現在、「Webシステムマスターコース」の一部を、無料公開しています。
上記の内容を見て気になった方は、ぜひ、ご覧ください。

【Webシステムマスターコースは、こちら】
https://online.toiee.jp/courses/wordpress-master


🚩お知らせ

toieeLabでは、知識・経験ゼロから、「単なる製作代行ではなく」、WordPressの仕組み、デザイン、コピー、SEO対策、ビジネスモデル、ビジネスシステム構築技術を身につけ、仕事を受注できるようになるためのオンラインコースを準備しています。

ただのオンラインコースではなく、オンラインコースサポートサイト学習コミュニティ(非公開)、個別サポート、オンラインワークショップを通して、一人ひとりの学習をサポートするサポート型のオンラインコースです。

現在、オンラインコースの一部を無料公開しています。ご興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。